プリザーブドフラワーについて

  • プリザーブドフラワーの歴史

    • 今やギフトの定番の1つでもあるプリザーブドフラワーですが、実は生まれはヨーロッパなのです。ベルギーの大学とドイツの大学が共同研究開発を行い、1987年にはその技術がほぼ完成しました。


      その研究に参加していたヴェルモント社がフランスのパリにてこのプリザーブドフラワーの技術を世界に向けて発信したのが始まりとされています。発表後、その「長寿命の花、枯れない花」であるプリザーブドフラワーは一気に注目を集めました。


      花を半永久的に楽しむことができるこの特殊な技術は瞬く間に人気となり、ヨーロッパを魅了しました。

      特にトレンドに敏感なパリやロンドンなどでは、ギフトとしての利用が盛んになり、一般的になるのには時間がかかりませんでした。
      日本に初めてプリザーブドフラワーが入ってきたのは1993年頃と言われています。



      今のように花の種類は多くはなく、非常に高価であったことからあまり世間一般では広まりませんでした。しかし、2000年を過ぎてから、プリザーブドフラワーの加工技術は更に進化したことによって種類もどんどん増え、日本でも生産するようになりました。



      ヨーロッパ生まれの技術ですが、その技術を使って日本人好みのアレンジを加えることも可能となりました。

      気軽にエキサイトニュース情報がリニューアルしました。

      生産が安定したこによりコストダウンにも成功し、徐々に一般にも広まっていくようになりました。
      これらの経緯を経て、現在のようにギフトの定番として様々な商品が並ぶようになったのです。