プリザーブドフラワーについて

  • プリザーブドフラワーの歴史

    • プリザーブドフラワーの歴史は1970年代の後半からスタートします。

      教えて!gooを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

      この頃、ベルギーのブリュッセル大学とドイツのベルリン大学はプリザーブドの技術の共同研究をしていました。



      その研究には後に「長寿命の切花製造技術」としてプリザーブドの技術を世界に公表するフランスのヴェルモント社も加わっていました。
      10年以上の月日がかけられた共同研究は1987年にほぼ完成し、1991年にヴェルモント社は国際特許を取得して発表するのでした。

      こうして、プリザーブドフラワーは始まったのです。

      ヴェルモント社が薔薇の供給が豊富なエクアドルに工場を設立して本格的な生産を開始するなか、プリザーブドフラワーの存在はヨーロッパの業界や人々をあっという間に魅了していました。

      枯れない花は高級感あるギフトとして人気を集め、一般市民にも広く認識されるようになります。



      それに触発されたように他の会社もプリザーブドフラワーの生産に向けた工場を設立していくのでした。

      このようにヨーロッパで受け入れていったプリザーブドフラワーが、日本に初めて輸入されたのは1993年頃。

      しかし当時は非常に高価な代物であり、また花や色のバリエーションも少なかったためにヨーロッパのように人気を集めることはありませんでした。しかし2003年以降、問題だったカラーバリエーションや花の種類が豊富になったことや生産技術の向上などの背景から日本でも爆発的な人気の獲得に成功したのです。